【健康情報】カロリーゼロの飲料を飲む人のほうが太る?!




















愛知の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。

三連休は・・お天気がよかったですねえ〜 

夫は庭木の手入れ、私は衣替えとなんだかんだと忙しく終わってしまいました。

やりたい仕事が山ほどあったのに・・今週頑張りましょう。

さて、特定保健指導をしているダイエット飲料 カロリーゼロを飲んでいるという方が結構おられます。

カロリーとしては問題ないのですが・・本当にダイエットに役に立つのでしょうか?少し調べてみました。




テキサス大学の健康科学センターではカロリーゼロ飲料の研究を、474人を対象に10年間にわたって行いました。そして、定期的(12缶以上)にカロリーゼロ飲料を飲むひとは、飲まないひとに比べてウエストサイズが56倍大きいということがわかったのです。さらに、メタボリック症候群の合併リスクが36%、II型糖尿病(生活習慣に起因する糖尿病)のリスクが67%、それぞれ飲まなかった人に比べて上がることが分かりました。
また、マウスの実験では、人工甘味料アスパルテームが血液中の糖質レベルを増加させ、糖尿病の初期段階と同じような影響をじん臓に与えていたことも判明!



すい臓から分泌されるインスリンは、脂肪細胞に働きかけて、血中のぶどう糖を脂肪に変えて貯め込むようにするので、「肥満ホルモン」と呼ばれます。“カロリーゼロ”はそのインスリンが分泌されないため肥満や糖尿病にいい、と思われてきましたが、いまアメリカでは、人工甘味料でもインスリン分泌を促す、という研究結果が相次いで発表されているのです。

ワシントン大学の研究者が発表した報告によると、人工甘味料スクラロースを飲んだ後と、水を飲んだ後を比較したぶどう糖負荷試験で、スクラロースのほうが血糖値のピークが高くなり、インスリンの分泌も約20%高くなったというのです。

ボストン大学医学部のバーバラ・コーキー博士によると、「すい臓は砂糖だけでなく人工甘味料にも同じく反応し、大量のインスリンを出すことがわかりました。それによって、余分な脂肪が蓄積され、太るしくみが発見されたのです」と述べています。


口や腸などに存在する甘味の受容体は、人工甘味料も、普通の甘味も同じように感知することも最近わかってきました。つまり、カロリーゼロと表示されていても、甘味を感じる分、同じように肥満や糖尿病リスクを高めるのではないか、ということがアメリカでは盛んに議論されているのです。



ダイエットのためにカロリーゼロを選んでいるはずが、通常より56倍も太って糖尿病と同じような症状に悩まされるようでは、まったくダイエットになりません……。



甘味料の危険性も取りざたされていますが・・
適度に甘いものも食べながら自分に合った食事をとる。自分に合った食事量を食べる感性をつける・・そういった習慣を身につけるのが王道ということでしょうか。う〜んこの問題は奥が深そうです。



参考記事

http://www.news-postseven.com/archives/20131013_219662.html
http://magazine.gow.asia/beauty/column_details.php?column_uid=00001692

 


【健康情報】おいしそうを通り超えると食欲が失せるとか・・

 



愛知の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。

健康相談をしていると、食欲がない時がないんですよねえとお話しくださる人がいます。

ただ、私もそうですが最近リビングダイニングとくつろぐ場所とキッチンがとても近くになってます。

私の実家は昔風でしたので、応接間と呼ばれるリビングとキッチンダイニングは全く別にあったので、何か食べたいときはわざわざキッチンまで探しに行かないといけません。

しかし、リビングの近くに食べ物があると、ついつい口に入れてしまうことがあります。
ちょっと小腹がすいたなと冷蔵庫をあけてしまうということも増えます。


口に入れるものは、おいしいなとちゃんと向き合っておいしいな〜〜とおもって食べるものを食事とすると、お腹もすかないときに何気なしに口にするものをといえるのかなと考えてます。

食事で太ってしまうのは受け入れるにしても、餌で肥って体を悪くするのは防ぎたいものです。



食べ物の写真を大量に見続けると食欲が失せてくることが判明

米ユタ州ブリガムヤング大学Ryan Elder教授らの研究チームが232人の被験者を2つのグループにに分け、一方のグループには甘い物(ケーキ、チョコレートなど)写真を60枚、もう一方のグループには塩気のある物(フライドチキン、チップス、プレッツェルなど)60枚を見せ、1枚1枚どの程度食べたいと思うか(食欲)を数値で評価してもらった。

最後にどちらのグループにも塩気のあるピーナツを実際に食べてもらい、どの程度楽しんで食べられたか、美味しいと思って食べられたかを評価してもらったところ、塩気のある食べ物の写真を見ていたグループは、甘い物を食べていたグループに比べてピーナツの味を楽しめていないことが分かった。見ていた写真の中にピーナツは含まれていなかったにもかかわらずだ。

研究者によれば、塩気のある物の写真をさんざん見た被験者は、その知覚体験により、実際に塩気のある物を食べたときに「この感覚はすでに味わった、もう飽きた」と感じていると考えられる。したがって、甘い物や塩分の多いジャンクフードがやめられないという人は、食べる

前に写真をたくさん見ることで、そういう食べ物に対する食欲を抑えられる可能性がある。ただし、今回の実験のように、かなりの数の写真を見ないと効果はないそうだ。



60枚写真をみると食欲が失せるとか・・
部屋の周りに、食べ物の写真を貼っておいたら食欲が落ちるんですかねえ・・・

それでは、慣れてしますか・・


しかし、こんな実験面白いですねえ



【健康情報】写真を撮ってカロリーを計算してくれるアプリ

 

愛知の開業保健師、習慣化指導士 水越真代です。

メタボの健康相談をしているときに一番感じることは、「人は自分のことをよく知らないということです。」

自分はどのくらい動いているのか・・どのくらい食べているのか・・

普段生活をしているとそのようなことは全く無意識でいるのは当然です。

世界の研究によると、多くのダイエット法の中から一番効果敵な方法は、セルフモニタリング方法、つまり自分がどのくらい歩いたり、食べているか、体重の変化がどのくらいなのかを知る方法だとか・・

特にどのくらい食べているかは、カロリーで計算されます。
しかし・・そのカロリー計算は栄養士が細かく計算しないとわからないと思っている人が多いです。

もう少し積極的な人は、カロリーブックを買って取り組む人もおられますが、かなり手間と時間が必要です。

何かアプリはないかなと思っていたところ・・

東京大学が開発した「FoodLog」を見つけました。

世界で初めて食事画像認識技術を応用した食事記録アプリ「FoodLog」は、食事の写真を撮影し、アプリ上でグラフィカルにカロリー管理を行う事ができるアプリだ。

使い方はかんたんで、アプリに取り込んだ写真をタップするだけで、アプリがデータベースから料理名の候補を提示してくれる。ユーザーはテキスト入力をしなくても、提示された選択肢から料理名を選び分量を選択するだけで、アプリがカロリーの集計をしてくれる仕組みだ。

最初はデータベースに名前のない料理は名前を入力する必要があるが、料理名が一度登録されると、アプリは画像認識技術を使って自動的に料理名を判別してくれる。

さらに、WEBサービスを使えば、食事のバランスをチェックしてくれる機能も利用できるのが嬉しい。

現在はiPhone版(無料)のみとのこと、アンドロイド版が出たら試してみたいと思います。

私のスマホ容量足りるかな・・ちょっと心配です。

 


【健康情報】ダイエットに効果のある食事回数 今わかっていること!

 

愛知の開業保健師・習慣化指導士 水越真代です。


ダイエットに効果のある食事回数について、明確に簡潔にまとめてくださっているブログからです。



これまでに検証された88件の科学的エビデンスを網羅し、纏め上げた記事が「Journal of the International Society of Sports Nutrition」に掲載。(Mar16 2011)



<確信ポイント>

1.食事回数を増やしても、普段から余り体を動かさない人達の体組成は有意に変わらない。・・・運動をしないと脂肪と筋肉の割合は変わらないということ。


2.プロテインレベル簡単に言うとタンパク質が十分なら、低カロリーダイエットでエネルギー収支が摂取量<運動量の欠損状態であっても食事回数を増やすと、運動する人達はLBM脂肪を除いた体重を維持出来る。・・・つまり運動をすると脂肪だけ上手に減りますということ。



3.食事回数を増やすと、血中の様々な健康マーカー、特にLDLコレステロール、総コレステロール、インスリン正作用する。・・・つまり、回数が増やすと、血液検査のデーターはよくなるということ。


4.食事回数を増やしても、DIT(食事誘導性熱産生)、総消費量、安静時代謝量は有為に高まることはない。・・・食事回数を増やしても燃えやすい体にはならない


5.食事回数を増やすと、空腹感を和らげ、食欲制限を改善する。


幾分補足(アンダー線の部分)はしましたが、元のブログのままご紹介しています。


何回食べると満足するかは人それぞれですが、やはり運動が必要なこと、また食事回数が増えると、血液データーがよくなるということのようです。これは2回なのか、3回なのか、4回なのかは論文を読んでみたいと思います。


このブログとっても面白かったです。
どんな人が書いているのかしら??

第85回 ダイエットと食事の回数(続編

 

【健康情報】ダイエットをするための食事回数。増やしたほうがいい?減らしたほうがいい?

       

 

 

 愛知の開業保健師・習慣化指導士 水越真代です。

ダイエットをするには、朝はきちんと食べたほうがいい。朝は軽く済ませたほうがいい。

食事は、3食規則食べたほうがいい、5-6回に分けたほうが痩せやすいなどいろいろなことが言われています。

日本で食事が3回になったのは江戸時代後期とのこと、それまでは2食だったそうです。
外国でも同様18世紀末ごろまで2食だったそうで、電気や産業の発達により夜に生活するようになり3食が定着してきたとか・・

本当にダイエットに効果的な食事回数は難解なのでしょうか?

とても整理されたブログを見つけました。

ダイエットと食事の回数から引用

<4〜6回に小分けする説>
脳のエネルギー源は炭水化物(糖質)のみで、脳は生命を維持する為に、体内の血糖値が下がると空腹感を感じ、血糖値が上がると空腹感がおさまります。
「飢餓モード」になると、摂取した栄養素は体脂肪として体に蓄え、一方では、体を活動的にする「交感神経」や代謝の働きを低くすることによって、エネルギー消費を抑えます。1日1回の食事は飢餓モードが作動するので、ダイエットには好ましくない。従って、4〜6回に分けるのがより健康的であり、代謝も昂進されるという説です。これに対して反論派は、これじゃ胃腸の休まる暇もないので、健康に良くないと唱えています。

<食事の回数は問題ではないとする説>
(1)オーストラリア University of Newcastle updated 26/05/2008 
179名の男女肥満者を被験者として、食事回数3回及び6回のグループに分けて実験したが、顕著な差異は生じなかった。規則正しい食事と頻度は、減量に関係しないと主張しています。
 
(2)U.S. National Library of Medicine
ドイツで8名を被験者として、食事内容はタンパク質比率13%・炭水化物46%・脂質41%、食事回数1回及び5回について実験したが、「減量、代謝、食事誘発熱、水分、ナトリウム、カリウム、血中コレステロール、尿酸」に顕著な差異は生じなかった。尿窒素排泄は1回の食事の方が多かったが、これはタンパク質代謝に影響することを示している。結論として、食事の頻度はエネルギーバランスに影響しないと報告している。
 

<1日1回の食事がダイエットには最も効果的だという説>
先進国で最も標準的な1日3回の食事と1日1回の食事の違いについて、40〜50歳の21名の男女を被験者として8週間に亘る実験が行われた。
どちらの食事回数でも、心拍数・体温・血液検査については、顕著な差異は生じなかった。
しかし、1日1回の食事回数では、空腹感の高まり・体組成の変化・体脂肪の減少・血圧上昇・LDL&HDL及びコレステロールの上昇・悪玉コレステロールのコルティゾルの減少が見られた。
この実験結果は、断続的な絶食は筋量アップと脂肪減少につながることを暗示しているので、一部のトップビルダーやアスリートの間では、脂肪減少、プロテイン摂取、パフォーマンス向上を考慮したトレーニング前の色々な食事方法が模索されています。
その中で脂肪を最大限に減少させるには、トレーニング前5〜6時間は空腹状態にさせるのが良いと言う説があります。
また、Warrior Dietと呼ばれる1日1食(夜間)の軍隊的なダイエット法は、非常に効果が大きいと言われています。
 

<規則正しい食事と不規則な食事の違いについての実験>
1日6回の規則正しい食事と、1日3〜9回の不規則な食事の違いについて、10名の肥満女性を被験者として、14日間の実験が行われた。
その結果、1日6回の規則正しい食事の方が、「空腹時の脂質プロファイル、食事誘発熱、食後のインスリンプロファイル」に有為的に影響したことが報告されている。
 

<朝食抜きは肥満の原因と主張する説>
「朝食抜きは心臓病のリスク要因」というセンセーショナルな見出しの研究報告が、「American Journal of Clinical Nutrition」に掲載されました(2010年9月)
オーストラリアTasmania大学の研究グループが、20年に亘り2184名の有志を追跡調査してきた結果、「幼少時より朝食を食べない成人は、心臓病のリスクが高い」ことが判明しました。このような長期的な追跡研究は初めてのことです。
その内容は、幼少期・成人期ともに朝食抜きの人達(86名)は、どちらも食べる人達(1359名)に比較して、心臓病のリスクファクターといわれるウエスト周り、空腹時インスリン、総コレステロール、LDLコレステロールのいずれも値も高いことが判りました。
 

※参照資料もちゃんとついてますので引用ブログをご覧ください


もちろん、元文献を読んでいないので読んでみてから意見を述べるのが本当ですが・・


全体的に、被験者数が、少なめのものが多いようです。

オーストラリアの研究が179名という数の中で、食事回数と規則性はないといっていますので、ある程度数はそろってます。

しかし、オーストラリアの20年にわたる研究は数も多くコホート(振り返りではなく追っかける研究)であるので究方法も一番信頼がおけるのではないかと思います。


これらを見てみると、実は、食事の規則性と回数はダイエット法としてどれが正しいのかというのはまだまだ確定したものがないというのが本当のところのようです。

自分に合った方法で、摂取カロリー<消費カロリーをどう作るかということが一番大事だということですね。




プロフィール

習慣化指導士

水越 真代

保健師・看護師・精神保健福祉士・産業カウンセラー・ヘルスファシリテーター

calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

アクセス解析

QLOOKアクセス解析

最近のエントリー

カテゴリ

アーカイブ

コメント

  • 【健康情報】若年認知症8割が失職
    ミズ

ブログ記事検索

その他

モバイル

qrcode