【労災 心の病での申請が過去最高】

 

愛知の開業保健師 健康経営エキスパートアドバイザー 水越真代です

 

 

厚生労働省は28日、仕事が原因でうつ病などの精神疾患にかかり、2018年度に労災申請したのは1820件だったと発表しました。

1983年度の統計開始以降最多で、6年連続の増加。精神疾患の労災認定は465件だった。

うち自殺(未遂含む)が76件あり、いずれも前年度より減少。

過重労働が原因の脳・心臓疾患による労災認定は238件で、15件減少した。うち、死亡(過労死)は82人でした。

全体の申請数は前年度から計125件増加。特に精神疾患で女性からの申請が99件増えたとのこと。

厚生労働省発表より

 

出来事別の支給決定件数は、、「仕事内容・仕事量の(大きな)変化を生じさせる出来事があった」と「(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた」69件、「悲惨な事故や災害の体験、目撃をした」56件の順でした。

 

こんなに多くの人が、いえもっと多くの人が職場でつらい思いを抱えているといるというのは本当に悲しい現実です。

 

どうしたらこのようなことを減らしていけるのでしょうか・・・

 

 

私ができることは本当に微力ですが・・一人でもつらい思いをせずに働く

仕事をしていてよかったと感じられるそういう職場づくりのお手伝いをしていきたいと思います

 

 

 

 


パワハラ対策をしないことは企業のリスクを高めます

 

愛知の開業保健師 健康経営アドバイザー 水越真代です。

 

みなさんの会社では、上司と部下の関係はいかがですか??

 

昔と比べると、仕事が個別化して、その人でないと仕事がわからないということが多く

上司も十分部下の仕事の状態や個人の状態が以前よりわからないということが増えています。

 

また上司もプレーイングマネージャーが多く、プレーヤーの仕事をしながらマネジメントをする

人が増えて、管理職の方にも余裕がなくなっているのも事実です。

 

また50代の管理職の方が若いころは、経済が右肩上がりで頑張れば給料が上がる時代でした。

車を持っているのが当たりまえ、バブル華やかかりしころでした。

しかし、今の若手は、経済は横ばいで、物欲がすくなく車にもあまり興味がなく、素直で真面目な

方が多いといわれています。

 

そんな中で管理職の方々が、どのように部下と接していったらいいのか戸惑っているかたも

多いようです。

また仕事でいっぱいいっぱいの上司が、自分の怒りをマネジメントができていないこともあるようです。

 

昨日、愛知県小牧市の30歳の部下の方が自宅で亡くなられていた原因について、上司のパワハラを

認定したとニュースになっていました。
 

 

実は、官公庁は雇っている人数のわりに産業保健が機能しているとこが少なく、産業医も嘱託ですし、職員を支援する保健師を置いているところが少ないのです。

産業保健の現場にいると、部下の方が上司にいろいろな悩みを聞くことがあります。

そのうえで、本人にメンタル不調の兆候が出ている場合、職場の調整や受診をおすすめして、最悪の事態に

ならないようにお手伝いしています。

もし、職員向けに産業保健がうまく機能していたら、何か違った展開になっていたのではと思わずにはいられません。

 

 

また、小牧市については、休職制度やハラスメントに関する研修が不十分だったと指摘されたとのことです。

もし一般企業が同じようなことが起こったら・・・企業のブランディングが地に落ちます。

また、家族が訴えを起こしたら、安全配慮義務違反を認定され、賠償金を負担しなければならない可能性もあります。

 

 

少しでも多くの働く人と企業に、産業保健の力が届くといいなと思います。

 

 

 

 


健康経営エキスパートアドバイザー

 

愛知の開業保健師 健康経営エキスパートアドバイザー水越真代です。

 

さて最近健康経営という言葉が盛んに言われていますが

健康経営エキスパートアドバイザーってなんですかと聞かれましたので・・

ちょっとご説明を。

 

そうですよね〜〜それなあにってよく言ってくれました。という感じでしたが・・

ご存じなくて当然!

 

出来立てほやほや、なんと2019年2月に開始された認定資格(?)なんです。

その第一期!!

 

なんでも認定を出せばいいだろう・・と世の中さまざまな資格がありまよね〜〜

資格でとやかく言うつもりはありませんが・・資格を取るうえで勉強しそれを世の中のお役に立てるのであれば

それはそれでいいのかなと個人的には思っています。

 

健康経営アドバイザーは東京商工会議所が行っている認定資格です。

 

東京商工会議所は、健康経営に取り組む中小企業に対して、課題抽出・改善提案・計画策定等の実践支援を担う専門人材を養成する「健康経営エキスパートアドバイザー」研修を実施しています。健康経営エキスパートアドバイザーの役割は、健康経営に取り組む上での課題を抽出・整理した上で、その課題解決に必要な取り組みを企業等に提案するとともに、その実践を具体的にサポートすることです。

 

つまり健康経営アドバイザーの上位資格です。

世の中健康経営アドバイザーを持っているから、企業の健康経営優良法人をとるためのお手伝いができますと

飯のためのようにアプローチしている人が最近増えているような気がしますが・・

残念ながら健康経営アドバイザーは、通信講座で誰でも取れるので騙されないでくださいね

 

健康経営エキスパートアドバイザーは、

 

健康経営アドバイザーの資格を持っていて

【所定の有資格者】
(経営・労務に関する資格)
・中小企業診断士、・社会保険労務士
(医療・保健関係)
・医師、・保健師、看護師、・労働衛生コンサルタント、・管理栄養士、・健康運動指導士

【所定の実務経験者】

がこの資格を取ることができます。

 

これまで産業保健スタッフと呼ばれる人たちが、働く人の健康づくりを中心となって支えてきましたが

これからはいろいろな職種の方が働く人の健康を促進していこうという時代になってきました。

 

人生100年時代といわれる中、日本では人口減少・高齢社会の中で、自分らしく健康で元気に働く人を

支えていくために頑張っていきたいと思っています。

 

 

 


性の多様性を考えるのは人の生きる本質を考えることだった

 

愛知の開業保健師 健康経営アドバイザー 水越真代です

 

 

6月22日(土)JIEL 一般社団法人日本体験学習研究所さんが企画された

未来を創る人の『輪』プロジェクト」第1回 「 性の多様性から人権を考える

に参加してきました。

 

正直興味がすごくあったかというとそうでもなかったのですが・・

友人からのお誘いとちょうど時間があったので参加してきました。

が・・

 

心を揺さぶられる時間でした!!

 

 

今回のゲストは、にじいろi-Ru(アイル)の田中一歩さん。

生物学的に女性として生まれ、24歳まで女性として生き、現在は男性として

セクシャルマイノリティーとされる子供たち、すべての子供たちにむけて、

ありのままの自分でいられるための活動をされている方です。

 

 

LGBTという言葉は聞いたことがありましたが・・これは人を表す言葉

セクシャリティ(性のあり方)には4つの要素があって

・・・・ってトコで飛び込んできたワードが「SOGIESC(ソジースク)」

性的指向:誰を好きになるのか?
性自認:(自分の心の性別は?)
性表現:(自分がしたいしぐさ服装や言動、ふるまい)
生物学的性:性的特徴(自分の性器は?体つきは?)

 

性のありようは人それぞれ。LGBTという4種類ではなく、もっと多様な性のあり方が

あるということがわかります。

 

しかし、性の多様性という観点からの話しでしたが、もっと人の生きることに共通する

学びがたくさんありました。

 

学びの中のほんの少しですが

 

◇自分は男、自分は女、無意識に当たり前と感じていることで、その価値観を

押しつけ、知らず知らずに人を傷つけていること

 

◇自分自身に違和感を感じて生きることのつらさと、自分を生きるとは自分に対して

違和感を感じる=まるって感じること

田中さんが一番やりたいことはと聞かれ、男性用のトランクスをはきたいとおもったとのこと

自分に合った下着を選ぶ、服を選ぶことが困難でいること

その現実に胸がつぶされそうな気持がしました

 

◇田中さんが自分自身を生きようと思ったとき・・・足がすくんだ。

その時に、私にできることがある?と寄り添ってくれたパートーナー

問題は解決しなくても、人は理解し寄り添ってくれる人がいることが生きる力になるってこと

足がすくむ・動けないということはその人自身が自分の身を守ること

その気持ちとともにいることの大事さ。

 

◇どんな小さな声も大事にする

田中さんは子供たちに、多様性のある性について講演をされているのですが

その講演を少し紹介してくださいました

子供たちの押し付けるのではなく、子供たちの声を大事にしながら

それでも自分の伝えたいことを伝える姿勢

とてもとても素敵でした

 

ついつい私の価値観を押し付けてしまう自分・・・あとから反省することがたくさん

いつもそんな相手の声を大事にできる自分でありたいと思う今日この頃です

 

 

 

 

 

 

 


【健康情報】育児に向かうお父さんへ〜パパカード〜

 

愛知の開業保健師 エキスパートアドバイザー 水越真代です

 

最近、虐待のニュースが数多く出ていますよね。

虐待がニュースになるようになったのが20年ほど前です。

 

娘ができて、職場復帰したころでした。

愛知県内の若いご夫婦が、娘さんを衰弱死させたというニュースでした。

 

ちょうど同じくらいの子供がいることもあって、ニュースで話題になるたびに

胸がし目付けられるような、そして涙があふれているようはそんな気持ちで、ニュースで取り上げられる

たびに席を立ったり、テレビを切ったりしていました。

見ているのが耐えられなかったのです・・。

 

それからずいぶん経ちました。

頻繁に虐待が取り上げられ、市町村で働いている私の友人の保健師たちは、虐待に向き合って仕事をしていると

聞いています。

 

働く人の支援をしている私に何できるだろうと思っていましたが、なかなか妙案がなく・・・

 

先日朝日新聞を読んでいたら「育児に悩むお父さんにパパカード 北欧発、看護師ら和訳」

の記事が目に入りました。

 

読み進めていみると・・

子育てをするパパの心の悩みに寄り添い、子どもやパートナーとの関係を一緒に見直していくための子育て支援の小冊子「パパカード」を看護師の協会が作った。フィンランドで虐待予防や父親支援のために作られたものが原型で、日本でも子育て支援の窓口や児童相談所などで活用されることを目指している。

 

とのこと

 

早速、一般社団法人日本精神科看護協会をググッてみました〜

その冊子が上記の写真です。

 

その内容は、4つのカードからなっていて、

,蓮父親になったばかりの人、これから父親になる人の基本的な情報
△任蓮 父親が 子どもにできることや、子どもに向き合うことの意味
では、父親が自分自身を大切にすることで得られる周囲との関係性
い任蓮∋劼匹發琉汰瓦箘多幹兇防秧討大きな影響力をもっていること

 

 

お父さんになることをイメージしたり

子供と向き合う楽しさやジレンマを

そしてお父さん自身を大切にすること

お父さん自身の怒りやイライラとの向き合い方など

 

べき論ではなく、強くて弱いお父さんを支える気持ちが伝わってくるカードでした。

 

出産報告があったお父さんに、保健師からプレゼントとしてお渡しするようにしたら

お父さんも気軽に職場の保健師に相談ができるようになるかもって思いました。

 

早速人事部門の人に相談してみよう〜〜

 

ここからダウンロードできますよ

 

http://www.jpna.jp/images/pdf/papacard.pdf

 

 



プロフィール

習慣化指導士

水越 真代

保健師・看護師・精神保健福祉士・産業カウンセラー・ヘルスファシリテーター

calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

アクセス解析

QLOOKアクセス解析

最近のエントリー

カテゴリ

アーカイブ

コメント

  • 【健康情報】若年認知症8割が失職
    ミズ

ブログ記事検索

その他

モバイル

qrcode