ODNJ年次大会2019〜産業保健×組織開発〜

 

 

 

愛知の健康経営アドバイザー・開業保健師 水越真代です

 

3年ほど前から組織開発を学んでいます。

動機は、メンタル不調者に接する中で、職場風土にかかわりたいと思ったことからでした。

 

今年私の課題は、「産業保健と組織開発の架け橋を作りたい」でした。

そんな思いを持って、中部支部が主催したODNJ年次大会のスタッフとてお手伝いをさせていただきました。

その準備の中でも、スタッフの思いを大事にしながら、やりたいこと、やるべきことを考える

企画会議は、学ぶべきこと、学びがとてもたくさんありました。

そして、スタッフ、参加者それぞれが、自分の意見をたくさん伝え合い、また楽しい大会は

今ここにいる感覚を持てる大会だったなあと振り返っています。

 

その中でわたしが一番うれしかったのは・・・

 

ある企業の開発部長さんが発表された

「現場と産業保健師の協力による職場改善の試み」 でした。

 

 

保健師の存在を知らなかった部長さんが、保健師からの職場フィードバックをきっかけに

二人三脚で行った職場改善の取り組み実際を話してくださいました。

業績は高い開発部だったのですが、メンタル不調者がつづき、ぎすぎすした職場を

職場風土の改善の試みをあの手この手でくりだし、不調者ゼロへ

またさらに生産性の高い職場へとマネジメントしていくお話でした。

 

その中で、保健師に話をするのが当たり前、職場に保健師の席を作り、「今日はいないの?」といわれるまでにされたそうです。

 

部長さんがマネジメントをするときに保健師の存在はなくてはならない。その力は十分にあると言ってくださったのには、うかがっていて胸が熱くなってきました。

 

従来の産業保健を期待する、人事や産業医の中の難しさもあわせて語ってくれました。

 

とても優秀な保健師さんだと思うのですが、一事業所の事例ではなく、もっと広げていくことができるとお話しくださり、そういう時代が作っていきたいと心の底から思いました。

 

その後の対話セッションで「組織開発と産業保健」というテーマで10名以上が集まってくださり興味を持ってくださる方がこんなにもいたのかと!!

その中におあられたのが産業医大の柴田先生、産業保健×組織開発の研究会を立ち上げると話されていました。

 

新たな一歩が始まります!!

 

私もその末席にいたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


28回健康学習学会2019

 

 

 

 

 

愛知の健康経営エキスパートアドバイザー 開業保健師、水越真代です

 

今年も健康学習学会に参加してきました。

この学会も28回。そのうち娘の出産でお休みした1年を除き27回の参加です。

今では、娘も参加させていただいています。

 

今年のテーマは、「日本的なるウェルビーイングとは何か?」〜人生100年時代の健康づくり〜

 

健康は病気をよくするから予防する。そして「よりよく生きる」へ時代は変わっています。

ウェルビーイングも健康分野だけでなく、さまざまな分野にも広がっていく気配です。

 

さて今年担当させていただいたセッションは、

「人生100年時代のはたらき方を考える」〜ワクワクする道の選び方〜

 

植村 瑠美 (健康支援BonAppetit)
水越 真代 (シャイニングライフ/ヘルシーBox)
鵜澤 真由美 (可能性開発中)
佐藤 弘行 (日立ビルシステム)

 

と組織から飛び出した3名と、もうすぐ卒業の1名の4人で担当させていただきました。

 

これまでの仕事への向き合い方、今の気持ち、そしてこれから

を自分の意見を言いながら、さらにお互いの意見を聞きながら2時間

じっくり考えました。

 

私自身も感じることの多い時間になりました。
忙しい毎日を過ごしているとそういった時間を持つことが少なくなってしまいます。

 

じっくり向き合うと・・人って元気になるのですよね。

参加者の人のこの表情からもエネルギーが伝わってきます。

 

今回は大阪の歯科医兼写真家 淺田先生に写真を撮っていただきました!

なんだかちょっと恥ずかしいような照れるような・・・

淺田先生ありがとうございました〜

 

https://www.facebook.com/joyful.photo/?eid=ARBjcq_-ZaXwPsv5pvrjptuVMBVOjqcO2DFV-m8fo5SOtBUmfpT9scDVHPL3_oiwQ1RGH6VnKmgIPbL3&timeline_context_item_type=intro_card_work&timeline_context_item_source=100000021759951

 

 

 


パワハラ対策

 

愛知の開業保健師 健康経営エキスパートアドバイザー 水越真代です。

 

職場のハラスメント対策セミナーを受講してきました。

ハラスメントというとパワハラ、セクハラ、マタハラなどが有名ですが、メットで調べると軽く30くらいは出てきます。

 

定義を調べてみると以下のように出てきました。

 ハラスメント(Harassment)とはいろいろな場面での『嫌がらせ、いじめ』を言います。その種類は様々ですが、他者に対する発言・行動等が本人の意図には関係なく、相手を不快にさせたり、尊厳を傷つけたり、不利益を与えたり、脅威を与えることを指します。

 

ここで大事なのは、

◆行為者の意図に関係ないこと、

◆相手に不利益を与えること

ということです。

 

セクハラは1999年施行の改正男女雇用機会均等法で事業主の配慮義務を定め、2007年から事業主に防止措置を義務付けていいます。

マタニティーハラスメントは17年から同法と改正育児・介護休業法で事業主の防止措置を義務化。

パワハラは今国会で労働施策総合推進法を改正し初めて防止措置義務を規定し、年内には詳しい通達が出るとのこと。

 

事業主の実効性のある対策が求められています。

 

事業主の対策としては、予防策、そして起こったときの適切な対処の2つの柱。

対策のポイントは、何がハラスメントなのかの明確化、相談窓口の設置、プライバシーの保護、厳正な処分を明確にすること

それを社員にきちんと周知することが予防策として大事とのことです。

 

本当にそうですよね。

会社が何をしようとしているのか、どのように規則をかえたのかを社員にきちんと知らせること

そうしないとせっかくやった対策が浸透しませんものね〜

もうこれは繰り返し、いろいろな手段でする これにつきます。

 

詳しくはこちらを

職場におけるハラスメント対策マニュアル(厚生労働省)

あかるい職場応援団

 

さてこの研修を受けて、個人的な一つの違和感。

 

行為者は処罰されて終わり??

 

水戸黄門ではないのだから・・行為者は処罰されて一件落着みたいなことは現実あり得ないと思うのです。

もちろん、された人の保護が一番です。

そのうえで、行為者もそうせざる負えない背景を抱えた人として見る必要があるのではないでしょうか。

 

行為者がそうせざる負えなかった背景にきちんと向き合い、どのように行動をとったらよかったのか、

行為を繰り返さないためにどうしたらよいのか、をサポートするプログラムが必要なのではないか。

 

それを事業主が行うことで、今後の会社の生産性を高めることにつながるのではと思います。

 

具体的には、半年ぐらいのプログラムで、個人セッションかな・・・

もう少し具体的に考えてみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


組織開発はメンタルヘルス対策につながると考えてます

 

 

愛知の開業保健師 健康経営エキスパートアドバイザー水越真代です

 

この3年ほど組織開発という分野を学んでいます。

昨年は、関西生産性本部が主催する、企業内組織開発実践者養成講座という半年の講座に参加させていただきました。

 

今年、その中で昨年どうしても参加できなかった合宿

研修、診断型組織開発実習に参加させていただきました。

 

実際のクライアント企業の方に来ていただき、インタビューをして、いただいた意見をまとめて、クライアントさんたちに、イキイキと働ける組織になるための情報の見える化、その中から次へのステップにうつるためのやる気と気づきを持ってもらうためにどうしたらよいかを、丸2日間かけて学びせていただきましたありがとう

 

なかなかハードな2日間でしたがグループホームのメンバーの方々の様々な意見からたくさんのことを学ばせていただきながらやり切ることができました。

 

 

なぜ組織開発を学びはじめ続けているかというと…

3年前に始まったストレスチェックの集団分析をしていく中で、どのようにすすめていくかがこれから必要になっていくという問題意識でした。

 

産業保健のなかでも、職場環境改善と言う言葉で、組織に働きかける方法が研究されています。

 

似ている部分もありますが、少し違う部分もあります。

どちらの良い点も融合しながら、現場でうまく使っていく。

 

ままた、ストレス対策を考えたい産業保健職と組織や人材の成長をサポートしたい部門と協力しながら組織開発が進むといいなあと思っています。

 

 

私の学びが、その架け橋になったらなんて妄想しながら、クライアントさんたちの働きやすさのお手伝いをしていきたいと思っています。

 

 


特定健診・特定保健指導 実践者育成研修会@三重県

 

愛知の開業保健師 健康経営エキスパートアドバイザー 水越真代です。

 

先週は、特定健診・特定保健指導 実践者育成研修会にお声かけいただき、行ってきました。

 

午前中2時間は、初任者むけ 
より良い初回面接をするためのコツ 特定保健指導の知識をどう使うかを体感しよう
 

午後3時間は、経験者保健指導経験年数3年以上
より良い特定保健指導をするためのコツ さまざまな対象者のやる気を高める支援者になる

 

というテーマで、お話あり、ロールプレイ有の一日でした。

 

2012年から続けて、今回で8回目になります。毎回たくさんの方が参加されています。

〇〇〇ップとは違い、お金を払ってやる気満々な方が、面談をされに来るわけではありません。

そのなかで、目の前の住民さんや患者さんを思い、精一杯サポートされている、保健師さんや、管理栄養士さんたちが

真剣に学んでくださいました。

 

特定保健指導(メタボ健診・保健指導)をうけるとどんないいことがあるのか?

 

特定保健指導の効果を「ビッグデータ」で検証 3年後にメタボが31%減少

「特定保健指導」を受けると医療費が2割安く 全ての年齢階級で有意差あり

 

という研究結果がでています。

 

おなか周りが少々大きくても、血圧が少し高くても、血糖値やコレステロールが高くても、日常生活には

まったく影響がありません。

しかし、検査の値を見て自分の健康に向き合うことができるか否かは、人生100年時代、どんな風に老後をいきるのかに

大きく影響するといえるでしょう

 

あなたは、自分の健康診断の値、把握していますか?

 

 

 



プロフィール

習慣化指導士

水越 真代

保健師・看護師・精神保健福祉士・産業カウンセラー・ヘルスファシリテーター

calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

アクセス解析

QLOOKアクセス解析

最近のエントリー

カテゴリ

アーカイブ

コメント

  • 【健康情報】若年認知症8割が失職
    ミズ

ブログ記事検索

その他

モバイル

qrcode