【健康情報】この季節の手洗い方法

                   

愛知の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。

公共のトイレに設置されているハンドドライヤーは気軽に手を乾かせ、手についている雑菌を死滅させてくれるものと思っていましたが、実際は従来のペーパータオルよりも細菌を拡散する可能性があるということが研究でわかりました。

この研究では、手洗いが不十分な状態を再現して、そのあと、温風を出す「ハンドドライヤ−」、強力な「ジェツトエアドライヤ−」またはペーパータオルを使って手を乾かしました。

その結果、空中に浮遊している細菌の量を測定すると、2つのドライヤー使用では、周囲の細菌量が多くなっています。周囲の浮遊菌量がもっとも悪い結果になったのは、ジェットドライヤ−で、温風ドライヤ−の4.5倍、ペーパータオルの27倍だった。しかもハンドドライヤーを使用後は、時間がたっても細菌が空中にとどまっていることもわかった。

インフルエンザ、胃腸炎など、気を付けたい季節です。手洗いして予防しているつもりでも、細菌をまき散らしているとは、知りませんでした。今日から手洗い後は、ペーパータオルが一番ですね。

 


 

コメント
コメントする








   

プロフィール

習慣化指導士

水越 真代

保健師・看護師・精神保健福祉士・産業カウンセラー・ヘルスファシリテーター

calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

アクセス解析

QLOOKアクセス解析

最近のエントリー

カテゴリ

アーカイブ

コメント

  • 【健康情報】若年認知症8割が失職
    ミズ

ブログ記事検索

その他

モバイル

qrcode