【健康情報】たばこをやめたい28.6%の方にできること

               

愛知の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。

平成25年度国民健康栄養調査が発表されました。
それによると、たばこをやめたいと思う人の割合は前回23年は42.8%であったのに対し、今回は28.6%と減少しました。今回
感じるのは、喫煙者は減ってきていますが、現在も喫煙している方はかなり禁煙に対しては手ごわくなってきているのではという印象を持ちます。

飲食店での受動喫煙対策の推進を望む場所は飲食店では、喫煙者が12.3%に対し、非喫煙者は42.1%と約3倍に達し、こちらの数値からは、喫煙者は肩身の狭い、煙たい存在になってきているようです。

我々健康を守る、促進する、見直しの場面にご一緒する立場としては、上記の数値が物語る印象を跳ね除け、思いを聞きつつ、短時間の禁煙情報提供を繰り返しお伝えしていきたいと改めて思います。




 

コメント
コメントする








   

プロフィール

習慣化指導士

水越 真代

保健師・看護師・精神保健福祉士・産業カウンセラー・ヘルスファシリテーター

calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

アクセス解析

QLOOKアクセス解析

最近のエントリー

カテゴリ

アーカイブ

コメント

  • 【健康情報】若年認知症8割が失職
    ミズ

ブログ記事検索

その他

モバイル

qrcode