【健康情報】「1日10分」多く動こう

                     

 
愛知の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。

厚生労働省の調査では、1997年〜2009年の間に、1日の歩数(15歳以上)は男は8202〜7243歩に、女は7282〜6431歩へ歩数はざっと1000歩減ったという結果を出しています。世界保健機構(WHO)は全世界の死亡の危険因子として、高血圧、喫煙、高血糖についで、身体活動不足を4番目にあげ、何もしない「不活動」を問題化しています。

今より1日10分多く動かそう。厚労省が昨年まとめた身体活動基準2013「健康づくりのための身体活動基準2013」は身体活動を「運動+生活活動」と定義して、スポーツだけでなく、日常ちょっと動かすことを増やす「プラス10」を推奨しています。

Yさん女性(週2日〜3日電車通勤して仕事、それ以外の日は主婦業)の場合

「10分余分に活動するのは……無理無理」「コマ切れで10分なら…もしかしてできるかな?」と、いうことで、
1日をシミレーションしてみた。
階の違うトイレに行く。洗濯もの干しで、背伸びをして干す。徒歩通勤を早歩きする。駅のエスカレーターは階段を使う。事務所の3階まで、階段を使う。遠回りしてスーパーで買い物をする。など
「やろうと思って気にしたらできるかも。」という思いになったらしい。

日常活動でもスポーツ並みの健康効果があるという認識が広まれば、細切れに活動をすることにもっと前向きになれるように思います。特に朝から晩までお仕事ばかりで時間がないないという方には、日常活動も、ちりも積もれば健康効果が上がることを再認識してもらって、健康に自信をもってもらいたいですね。
改めて「プラス10」推奨していきたいと思います。









 

コメント
コメントする








   

プロフィール

習慣化指導士

水越 真代

保健師・看護師・精神保健福祉士・産業カウンセラー・ヘルスファシリテーター

calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

アクセス解析

QLOOKアクセス解析

最近のエントリー

カテゴリ

アーカイブ

コメント

  • 【健康情報】若年認知症8割が失職
    ミズ

ブログ記事検索

その他

モバイル

qrcode