性の多様性を考えるのは人の生きる本質を考えることだった

 

愛知の開業保健師 健康経営アドバイザー 水越真代です

 

 

6月22日(土)JIEL 一般社団法人日本体験学習研究所さんが企画された

未来を創る人の『輪』プロジェクト」第1回 「 性の多様性から人権を考える

に参加してきました。

 

正直興味がすごくあったかというとそうでもなかったのですが・・

友人からのお誘いとちょうど時間があったので参加してきました。

が・・

 

心を揺さぶられる時間でした!!

 

 

今回のゲストは、にじいろi-Ru(アイル)の田中一歩さん。

生物学的に女性として生まれ、24歳まで女性として生き、現在は男性として

セクシャルマイノリティーとされる子供たち、すべての子供たちにむけて、

ありのままの自分でいられるための活動をされている方です。

 

 

LGBTという言葉は聞いたことがありましたが・・これは人を表す言葉

セクシャリティ(性のあり方)には4つの要素があって

・・・・ってトコで飛び込んできたワードが「SOGIESC(ソジースク)」

性的指向:誰を好きになるのか?
性自認:(自分の心の性別は?)
性表現:(自分がしたいしぐさ服装や言動、ふるまい)
生物学的性:性的特徴(自分の性器は?体つきは?)

 

性のありようは人それぞれ。LGBTという4種類ではなく、もっと多様な性のあり方が

あるということがわかります。

 

しかし、性の多様性という観点からの話しでしたが、もっと人の生きることに共通する

学びがたくさんありました。

 

学びの中のほんの少しですが

 

◇自分は男、自分は女、無意識に当たり前と感じていることで、その価値観を

押しつけ、知らず知らずに人を傷つけていること

 

◇自分自身に違和感を感じて生きることのつらさと、自分を生きるとは自分に対して

違和感を感じる=まるって感じること

田中さんが一番やりたいことはと聞かれ、男性用のトランクスをはきたいとおもったとのこと

自分に合った下着を選ぶ、服を選ぶことが困難でいること

その現実に胸がつぶされそうな気持がしました

 

◇田中さんが自分自身を生きようと思ったとき・・・足がすくんだ。

その時に、私にできることがある?と寄り添ってくれたパートーナー

問題は解決しなくても、人は理解し寄り添ってくれる人がいることが生きる力になるってこと

足がすくむ・動けないということはその人自身が自分の身を守ること

その気持ちとともにいることの大事さ。

 

◇どんな小さな声も大事にする

田中さんは子供たちに、多様性のある性について講演をされているのですが

その講演を少し紹介してくださいました

子供たちの押し付けるのではなく、子供たちの声を大事にしながら

それでも自分の伝えたいことを伝える姿勢

とてもとても素敵でした

 

ついつい私の価値観を押し付けてしまう自分・・・あとから反省することがたくさん

いつもそんな相手の声を大事にできる自分でありたいと思う今日この頃です

 

 

 

 

 

 

 


複雑性に働きかける

 

愛知の開業保健師 健康経営エキスパートアドバイザー 水越です。

 

6月7日、8日と南山大学人間関係センター主催の組織開発ラボラトリー

「複雑性にはたらきかける」というセミナーに参加してきました。

 

講師はカナダから クリスコリガンさんとケイトリンフロストさん

 

カナダでは企業やコミュニティーの様々な課題を解決するために

ダイアログ(目的に向かって対話的に導く対話)をしているお二人です。

 

今回のテーマは複雑性に働きかけるということで

 

あることを解決すると次のあることが起きる、またはその課題を解決するには

要素がたくさんありすぎて、どんなことが効果があってどんなことが役に立たないのか

よくわからない問題にどのように向うかというトレーニングでした。

 

世の中のことってそういうことばかりですよね。

働き方改革でも、長時間勤務が減ればいいのか・・早く帰れ、仕事は減らすな、業績は落とすな

とどうすればいいのさ〜

みたいなときにどのような枠組みで考え、またアプローチしていくのか

その基本的考え方を学びました。

 

目から鱗というよりは、いま私たちの目の前にあることをこういった枠組みで

とらえて、その課題に取り組むときには、こんな風に考えればいいのか〜〜と

とても腑に落ちること、また今までのやり方をこんな風に考えれば、試行錯誤は

機能するんだということが多かったです。

 

組織開発は学べば学ぶほど、人が健康になるために必要なアプローチと

共通するなと感じることがおおいなあとあらためて感じました。

 

また講師のお二人が、実践的な事例をたくさん紹介してくださり

その一つ一つが、とても私たちを大事にし、暖かい場を作ってくださっているなと

感じられる素敵な時間でした。

 

この研修は本当に参加することができてよかったなあと感じられた2日間でした。

この学びをどう日常に生かしていくのか・・・

そこが一番大事です。

 

しっかり考えていこうと思います。

 

 

 

 

 

 


コミュニティワーカートレーニング講座




愛知の開業保健師 水越真代です

広島県の人間科学研究所 志賀誠治さんをお迎えして、コミュニティーワーカートレーニング
「地域・グループ活動支援計画作成講座」を開催しました

大人数ではできない講座なので13名という限定人数のセミナーです

遠くは新潟佐渡市からわざわざ参加されました。

グループを支援する考え方から、行き当たりばったりではなく、グループをどのように育てていくかを視野に入れながらきちんとサポートする。
なるほど・・グループの成長具合を見極めて、どのように支援をするかを計画するということは、今まで聞いたこともないししたこともない。目からうろこと、計画を作る作業ではうんうんうなってしまいました。

グループ支援だけではなく、人を育てる、職場を育てるためにどのようにしていくか・・
成果達成と、コミュニケーションの視点から考える。本当に勉強になりました。

これを自分の日常でどのように生かすか・・

ちゃんと考えていきたいと思います











 

健康学習学会

 

愛知の開業保健師、習慣化指導士 水越真代です

今年で23回目を迎える健康学習学会に行ってきました。
テーマは、「新しい時代の健康づくりを考える」

学会長の石川善樹先生の進行のもと、元学会長の石川先生、名田庄診療所の中村雄一先生、博仁会共済病院の本松先生の
シンポジウムからスタートでした。

これまでの健康学習からいきいきと逝くためにまで、自分の健康に対する考え方をもう一度振り返ることができました。

午後からは、久しぶりにセッションのコーディネーターをさせていただきました。

テーマは、「企業・組織を活性化する健康づくり」
最近話題の「健康経営」。リスク管理ではなく、持続的な組織発展のための健康づくりという考え方。産業保健の現場では、その大事さを痛感します。では、どんな形で進めていくか…。皆さんの現状の共有、専用SNSを使った習慣化の取り組みなど、様々な実践例から考えました。

なんといっても、サブコーディネーターを担当してくださった、佐藤弘行さん(エレテクノス)と石見一女さん(ウェルビネ/BE&DO代表)の実践事例が参加してくださったに多くの学びをお伝えくださいました。

佐藤さんは、直行直帰の社員が多い企業の中で、幹部、リーダーがより良いコミュニケーションをとるために、元社長自ら
実践型のコミュニケーション研修に取り組み、実践をしていること、
石見さんからは、専用SNSを利用したグループで仲間意識を育てながらの健康づくりの取り組みが、社員の生き生きにつながっていることの実績を伺い、新しい健康づくりへの示唆をいただきました。

健康づくりは会社の活性化(イキイキ)とつながっている。そこに私たちがかかわっていく大事さを共有できたセッションだったなあと再確認できました。

新しい取り組みとして終了後希望される方に、専用SNSを1か月体験をしていただき、参加者のコミュニケーションをつけることにしています。
とても楽しみです。


 

保健師のやりがいとジレンマ



愛知の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。

先週はとてもバタバタしていてパソコンにしっかり向かうことができず、一週間後の報告になります。

6月21日(土)に、
大阪の開業保健師さんの徳永さんと一緒に、「保健師のやりがいとジレンマ」というワークショップを行いました。

宣伝はフェイスブックとこのサイト程度だったのですが、私達入れて10人の保健師等が集まってくださり、何か皆さんの気持ちに届くものがあったのかなと思いました。

参加してくださったのは市町村の保健師さん、企業の保健師さん、フリーの保健師さん、介護職の方で今後地域でお仕事をされるとのことで保健師さんがどんなことを思っているか知りたいとご参加いただきました。

ワークの内容は、参加した理由から、ミッション発見ワークとあっという間の三時間でした。

日ごろ、住民さんや従業員さんをサポートしている保健師さん。しかしなかなか、自分自身のことを見つめる時間は少ないのです。ましてや保健師さんをサポートしてくださる方も・・

皆さんの感想から・・

保健師としてのこれからの生き方に方向性をみつけたいと感じていました。現状に不満やジレンマがそれほどあるわけではなく今の活動も自分としては頑張れている・・のに、なぜか今回のセミナーに気持ちが動いたのか正直不思議でした。今回のワークでは、自分の想いやミッションを改めて見つめることができてよかったです。(中略)今は今のお仕事を頑張ろうと思います。そこから先、またゆっくり考えていきます。

いろいろな方のお話を聞けて同じような悩み、それぞれの職域の大変さ、それに反して楽しいこともあるのだと元気ももらえました。年代による考えもあると思いますが、今日集まった方々は保健師としても人間性も尊敬できる方々でとても勉強になりました。ミッション発見シートを大切に・・どんな時もどんな状況の時も振り返り揺らがないようにできると思いました。


これからのことを考えるヒントと方向性が見つかったのではないかと感じました。

とてもいい時間でした。徳永さんの進行は、温かくて穏やかで・・とても居心地の良い時間でした。
保健師のキャリアデザイン、働く人として考えていく大切さを実感しました。

開業保健師協会では、現役保健師さんが元気で働き続けるサポートもできたらいいねと話し合っています。


名古屋でも、時々このような会を設けていこうと考えています。

 


プロフィール

習慣化指導士

水越 真代

保健師・看護師・精神保健福祉士・産業カウンセラー・ヘルスファシリテーター

calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

アクセス解析

QLOOKアクセス解析

最近のエントリー

カテゴリ

アーカイブ

コメント

  • 【健康情報】若年認知症8割が失職
    ミズ

ブログ記事検索

その他

モバイル

qrcode