【健康情報】気軽に糖尿病を発見できる機会が増えています

                

愛知県 開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。

皆さん健康診断受けていますか??

日本全国、もちろん東海地方でも、自営業、専業主婦層、無職の方でも40歳から74歳なら、住んでいる市町村で特定健診が自己負担はありますが受けることができます。

ただ自治体の特定健診の受診率は40%前後で受けていない方も多く、健診が身近に感じておられない方も多いのが現状です。
病院や集団検診でもわざわざ出かけなくてはいけないですものね。


こうした健診が買い物ついでに気軽にうけられれば、ということで、血液検査方法や場所を、今までの常識を覆し、お店、駅の中などの場所でも受けられるようになってきています。

「検体測定室」(ゆびさきセルフ測定室)というもので、検査を届け出している薬局や企業であれば場所を選ばず、検査室の開設が可能となりました。(4月の臨床検査技師法の一部の改正により)自分で指に専用の針を刺して微量な血液を採取して、血糖値や中性脂肪値などを数分で検査ができ、金額も低額に抑え、気軽に検査を受けていただくことを工夫しています。

厚労省の発表では、全国で検体測定室の開設は1003点舗ということで、今後もこうした場所は随時増えていく予定です。
いわゆる健診弱者といわれる方たちも減って、糖尿病など生活習慣病の早期発見されることが期待されています。


まずは健診を受ける!!そこからなんですよね〜〜

でも健診を受けるだけでは健康にはならないですよね。
そのあとどうするか!!そこは保健師の出番です。街角保健師サービスが求められる時代になってもいいかもしれませんね





 

【健康情報】会社内での「朝方」試行

                  



愛知県 開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。





愛知県刈谷市にある企業において、7月から3か月間、「朝方勤務」を社員に促す試みがされます。定時より1時間早く仕事を始め、午後8時以降の残業を原則禁止する。また、時間限定で無料で朝食の提供もされる。今回の結果で、朝方勤務をさらに続けるか、工場や支店などにも広げるかを決める方針だそう。

元々、時間帯を自分で選べる「フレックス労働」をとる社員が1万3千人いて、本社では9割がフレックスを活用した働きかたをしているそう。ただ、会社が朝方勤務を推奨し、また、残業を実質禁止することは、意義があります。

電気代や家族と過ごす時間が増える効果も期待されているようですが、会社内でどういう感想やメリット、デメリットが出るか大変気になるところです。

日が長く暑い時期の試行ですから、早朝の仕事ははかどるかもしれません。また、残業は原則夜8時で終了。上長の事前の許可がなけれ残業はできないということですから、実質できない状況になるのでしょう。会社全体が同じ条件で働ければ、社内でも問題はある程度解決できそう。生活習慣の修正もこの時期に取り組むと、夕飯の食事時間問題、朝の欠食、睡眠時間、家族との団らんなど上手くご自身でコントロールができていきそうな気もしますがいががでしょう。


 

【健康情報】適量の運動とは


                          




健康を保つためには運動が必要と言われていましたが、「最低限どのくらいの運動量が必要で、理想はどのくらい」ということや、「どれぐらいの運動が体にとって有害になるのか」「より有効な運動の種類は何か」など、不明点は多くありました。アメリカ国立がん研究所とハーバード大学の研究チームが中年を中心とする、66万1000千人のデータをとり研究がされていました。



研究者らはまず、66万1000人のデータを各人の1週間あたりの運動時間で階層化し、まったく運動を行わない人から、現在推奨されている運動量の10倍以上の運動を行っている人までに分けました。なお、「現在推奨されている運動量の10倍以上の運動」とは1週間に25時間以上の運動を行っているということ。

彼らの健康データを過去14年分の死亡記録と比較したところ、最も早世のリスクが高かったのは「全く運動しない」というグループ。しかし、意外なことに「推奨されている運動量に達しないものの、いくらかは運動を行っていた」というグループでも、早世のリスクは運動をしないグループに比べて20%も少ないことが判明しました。そして週に150分という、推奨量ちょうどの運動を行っていたグループは、全く運動していなグループに比べて死亡のリスクが31%も低かったとのこと。このグループに属する人々は健康な体で比較的長生きできたそうです。

一方で、推奨量の約3倍である450分のウォーキングを毎週行っていたグループの死亡リスクは、全く運動しなかったグループより39%低く、3倍の運動量にも関わらず推奨量の運動を行っていたグループと大差ない結果でした。さらに、推奨量の10倍以上の運動を行っていた人々の死亡率は、推奨量ちょうどの運動を行っている人たちとほぼ同じだったのです。つまり、「運動のしすぎが健康に悪い」という結果にはならなかったものの、ある一定量を超えると運動の効果はゆるやかに下がり始め、最終的に推奨量と変わらないところまでくるわけです。

個人差はありますが、「運動しすぎは体に悪い」とは言えないとのこと。健康な体で長生きするには「週に150分の運動を行い、そのうち20〜30分は激しく体を動かすのがよい」ということだそうです。しかし、運動に費やせる時間は限られていますし、やり過ぎはやはりからだの故障やメンテナンスも十分しないといけないと思われ、1週間単位でじょうずに運動量と質を調整しながら、効果的に行うのがいいように思います。

これを読んでいるみなさん、どのくらい運動をされていますか??
理想は分かるけど・・なかなか・・というのが本音の方もおられるのでは??

5月に入り気持ちの良い日が続きます。少しずつまずはできることからがはじめてみませんか

 

【健康情報】独り暮らしの人は高血圧になりやすいらしい


                 


愛知県の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。



高血圧は血圧が高くても自覚症状が少なく、治療や生活の見直しを積極的に行う必要性を実感しにくい方も多いのではないでしょうか?でも実際には、じわじわと脳や心臓、腎臓といった血液循環系に影響を与え、臓器へのダメージが起こるので、症状が出たときには対策の遅れが悔やまれてしまうので、健診や保健指導の度に、受診を促したり、生活習慣の見直しのお話をさせていただいています。

高血圧の要因としては家系であったり、睡眠不足、過労、食生活の乱れや塩分過多、運動不足、飲酒、喫煙習慣といった生活習慣が原因であることが知られていました。

ところが、最近、独身の一人暮らしの人は、生活習慣に関係なく、有意に高血圧になりやすいという研究結果が報告され、注目を浴びています。滋賀医科大学の三浦克之教授らにより、厚生労働省が5年間にに行った「国民健康・栄養調査」2800人のデータをもとに、結婚している人の病状との比較調査が行われてわかりました。


高血圧の原因の飲酒や喫煙などの生活習慣要因を差し引いても、独身の方は、結婚している方の1.73程度高血圧リスクが高くなっていたというのです。

これはショッキングなデータです。結婚生活を送っている人がなぜ血圧が有意に低いのかは、まだ理由の発見までには至っておらず、今後研究が進めば、生活習慣病が大きな原因として対処されていた高血圧への対策も、他の方法で積極的に進みそうです。今後の研究発表が期待されるところです。


 


 

 

【健康情報】ご当地健康体操

                

愛知県の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。
昨日、テレビをつけていたら、三重県伊賀市で「忍にん体操」を地域の方が集まってやっている映像が流れていました。この体操、忍者の動作が盛り込まれていて、自然にバランス感覚を鍛えるような体操になっていました。音楽とともに楽しそうな体操だなと思っていたところ、近くの愛知県日進市でも、「にっしん体操」というのがあるということを本日の新聞記事を読んで知りました。

日進市は今年市制20周年で、2015年を市の「健康元年」と位置づけ《健やか にっしん宣言》が発表されました。「予防」をキーワードに、一人ひとりが健康に関心を持ち、地域のコミュニティーなどのつながりを広げることで健やかな暮らしを目指していきたいと考えておられます。その一環として
「にっしん体操」が登場し、この体操を通して地域で仲間を作り、一緒に体を動かしたり、おしゃべりしたりすることで、お互いが支え合い見守るようなつどいの場や関係ができていくことが期待されています。

ラジオ体操のように音楽が流れると自然と身体が動くようなのもいいし、ご当地体操も歌詞があったりして面白いので、どんどんPRして子供から大人までどんどん広まるといいなと思いました。








 


プロフィール

習慣化指導士

水越 真代

保健師・看護師・精神保健福祉士・産業カウンセラー・ヘルスファシリテーター

calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

アクセス解析

QLOOKアクセス解析

最近のエントリー

カテゴリ

アーカイブ

コメント

  • 【健康情報】若年認知症8割が失職
    ミズ

ブログ記事検索

その他

モバイル

qrcode