【健康情報】いったい私はどれだけのんだらいいの?

 




愛知の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。

今週は、健康的においしくお酒を飲むための情報を書いてきました。


ちょっと難しい話も多かったと思いますが・・

まとめてみると

1、アルコール飲料に含まれている、アルコール量で適量が決まっている。

2、適量とは、おおむね、アルコール量が一日当たり 約20g

3、しかし、体格によって適量が違う。

4、女性のほうがアルコールの影響を受けやすい

5、総死亡率は、適量を飲む人が一番低い(Jカーブを示す)

6、しかし、疾患によっては、正比例や一定のところまでは同じで後から急激に高くなるなど違いがある。




だから、結局どのくらい私は飲んだらいいの?と思われた方がおられると思います。

そこで、簡単に3分みたらわかる動画を見つけました。

ドリンク数を知って、飲みすぎをチェック! 動画編(←ここをクリック)

これまで曖昧だったお酒の量。これからは飲酒量の単位(=ドリンク)を計算することで、飲み過ぎないよう簡単にチェックできます。


ここに動画が張り付けられないのが本当に残念です!
簡単にわかるのでぜひ、見てみてくださいね。



そしてもう一つ
お酒の種類、飲酒量、体重から血中アルコール濃度や節度ある飲酒量などを計算するサイトです。
Ke!san

飲んだお酒のと飲酒量と体重を入れると血中アルコール濃度とよいの程度を知ることができます。

ぜひ一度お試しあれ。



【健康情報】お酒は百薬の長というけれど、あなたにとっては???






愛知の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。


今週は、お酒の健康との関係を書いています。


さて、お酒は百薬の長といいます。適量飲めば(アルコール換算で20gぐらい)、死亡率が下がる といわれています。

では、生活習慣病といわれる疾患について見てみましょう。

上の図では・・・

高血圧・脳出血、高脂血症(中性脂肪)は、飲酒量と健康リスクは正比例の関係にあります。。(a)
つまり、飲めば飲むほどリスクが上がるという結果になります。


肝硬変の場合は、飲酒量が低いうちは、リスクが少なく、飲酒量がある一定のところまでくると急激にリスクが高くなります。(b)


虚血性心疾患や、脳こうそく、糖尿病(2型)の場合は、Jカーブを示し、適量の飲酒が健康リスクを下げると示唆しています。(C)




昨日ご紹介した死亡率では、Jカーブでしたが、カーブが見られるのは、総死亡と幾つかの疾患に限られているのがわかります。

少量の飲酒で総死亡のリスクが下がっているのは、虚血性心疾患の効果が大きく反映されていると考えられているそうです。


また、このような疾患でもJカーブ関係が認められるのは、先進国の中年男女とされています。若年者の死亡については、ほぼ直線関係になるという研究結果もあります。


ご自分が心配している病気に対して、どうしたらいいのかを知るのに参考になりますね。



参考)

http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-03-001.html

Higuchi S, Matsushita S, Maesato H et al. Japan: alcohol today. Addiction 102: 1849-1862, 2007.

Andreasson S, Allebeck P, Romelsjo A. Alcohol and mortality among young men: longitudinal study of Swedish conscripts. BMJ 296: 1021-1025, 1988.




 

【健康情報】お酒はあなたの死亡率を下げる?!






 
愛知の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。


今週は、おいしく長くお酒を飲むための健康情報を書いてます。

さて、お酒は百薬の長といわれます。

つまり、適度なお酒は、健康にいいという話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。



国立がん研究センターの「生活習慣改善による予防法の開発と評価」という研究では、肝がん、大腸がん、食道がんリスクが高くなることは確実であるという判定を報告しています。


さらに、個別の病気だけではなく、健康の総合的な指標となる死亡との関連について、国内の6つのコホートのデータを併せたプール分析による定量評価を行い、飲酒量別の影響の大きさを推定し、その結果を専門誌に報告しています。


上の2つの図を見ると確かに、全く飲まない人よりも少し飲む人のほうが死亡率が下がるのがわかりますよね。

そして、さらに飲酒が増えると死亡率が増加していますね。

飲酒のJカーブと呼ばれています。


この結果を、国立がん研究センターでは、

死亡リスクが飲まない人よりも高くなった飲酒量は、全死亡についてはエタノール換算で1日当たり69g、がん死亡では46g、心疾患死亡では69g、脳血管疾患では46gでした。
女性でも全死亡と心疾患死亡でJ型の関連が見られ、全死亡のリスクは1日当たりエタノール換算23gの飲酒で高くなっていました

といっています。

ちょっと硬い話になりましたがもう少しお付き合いくださいね。


男性の死亡で、1日当たり46g以上の飲酒者で過剰に発生した部分を算出すると、全体の5%を占めることが分かりました。全死亡の5%、がん死亡の3%、心疾患死亡の2%、脳血管疾患死亡の9%は、1日当たり46g以上の飲酒がなければ予防可能であったと推計されます。女性では、もともと大量飲酒者が少ない集団であることから、23g以上の飲酒で過剰に発生した死亡は1%未満にすぎませんでした。

ただし、今回の結果からは、これまでの研究結果と同様に、女性は男性よりも飲酒の影響を受けやすことが示されました。


総合的に考えると、、日本人で死亡リスクが高くならない飲酒量は男性では1日当たりエタノール換算で46g、女性では23gからリスク高くなるいっています

つまり、一日当たりの限界はこのあたりにありそうです。

なるほど、だからお酒の席では、割り勘ではなく男性の金額が高かったのですね・・などとしょうもないところで納得してしまいました。


ちなみにアルコール23gとは、ビール大瓶一本、焼酎120ml、日本酒一合が目安です。



暑い夏、ビールがおいしい季節です。

お酒はちびちびゆっくり飲む、たくさん飲んだ日の翌日はお休みか少なくするなどほんの少し考えてみてはどうでしょう・・


明日は、血圧や糖尿病など病気のリスクと飲酒量の関係をご紹介します。












【健康情報】昨夜のお酒はいつまで体の中に残っているか?

 



愛知の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。

昨日は自分に合った適量を計算する方法を調べましたが、今度は飲んでしまったお酒はいつ消えるのかを考えたいと思います。


上の図、お酒に強い中年男性がビール350ml缶を1、2本飲んだ場合の、血中アルコール濃度の変化を示したグラフです。

アルコールが体内に入ってから30分後に血中アルコール濃度はピークを迎え、ビール350ml缶1本に含まれるアルコールが完全に抜けるまでには約2〜3時間かかることがわかります。

ビールを700ml飲んだ場合は、約4.5時間。
夜12時ごろまでに飲めば翌朝残ることはなさそうです。

しかし、代謝時間には個人差があるため、何時間経過すれば必ずアルコールが抜ける、ということは一概にはいえません。


でも、体の大きい人も小さい人も同じというわけでなないので、体重別で計算をする方法をご紹介します。

1.あなたが1時間に処理できる純アルコール量を計算します。

 あなたの体重×0.1g

 が1時間にアルコールを処理できるということになります。

 例)70kgの人は・・・70×0.1g=7g/時(a)
   50圓凌佑蓮ΑΑΑ50×0.1g=5g/時(a)


2.あなたが飲んだ純アルコールの量を計算します。
 
 アルコール度数(%)×量(ml)

 例) 4.5%のビール大瓶(633ml)2本は・・・
                  4.5%×633ml×2≒57g(b)
    25度の焼酎なら1合(200ml)・・・・ 
                  25%×200ml ≒ 50g           

3.純アルコール量を1時間で処理できる量で割ります。

 b)g÷(a)g=アルコール処理時間

 例) 70圓両豺
   ビール2本 ・・・・57g÷7g=約8時間
    焼酎200ml・・・・50g÷7g=約7時間強

    50圓両豺
   ビール2本・・・・57g÷5g=約11時間強
   焼酎 200ml・・・50g÷5g=約10時間

例えば。ビール大びん1本と焼酎100ml両方でを飲んだ場合は

70圓凌佑如〔7.5時間
50圓凌佑婆10.5時間「

夜中の12時まで飲んでいたら・・お酒が抜けるのは、70圓凌佑罵眥の7時30分。50圓凌佑罵眥の10時過ぎということになります。


日本酒(清酒)のアルコール度は、だいたい15〜16%(0.15〜0.16)ってところですから、0.15×900ml=135。

あなたが70kgとすると、70×0.1g=7g/時。135÷7=約19時間

50圓箸いΔ函135÷5g=27時間

つまり、70圓凌佑、日本酒を一升瓶の半分飲んだ場合、夜中の12時に飲み終えるとすると、お酒が抜けるのが、翌日の午後7時以降という結果になります。ましてや50kgの人はいわんや・・


自分が普段どのくらいお酒を飲んでいて、抜けるのはどのくらいの時間なのか、ぜひ一度計算してみてください。

面白いかもしれませんね。








 


【健康情報】 体の大きい人も小さい人もお酒の適量は同じ?




 愛知の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です


昨日に引き続きお酒の話・・

一日アルコール換算で20g(ml)といわれています。

実際のビールや集中でどのくらい・・というその前に・・

体の大きな人も小さな人も同じ20gなのでしょうか?

適正飲酒は、実は体重によって変わってくるのです。

それはそのほうが納得ですよね。肝臓の大きさだって違うのですから・・


では、酔っている状態とはどんなっ状態なのでしょうか・・

それは、血液中にアルコールがどれだけ残っているか・・

アルコール血中濃度が0.1%がほろ酔い状態

それ以上になるとふらついたり、吐き気がしたりと酩酊状態ということになります。

つまり、適量とは「血中濃度が0.1%」に抑えられる分量ということになります。

体が小さい人より大きい人。女性より男性のほうが肝臓が大きいので、血中アルコール濃度が0.1%になるのは遅いわけなのです。

では、適量を出す公式をご紹介しましょう。




http://www.health.ne.jp/library/3000/w3000849.html から引用

例えば体重50kgの人の場合、ビール(アルコール濃度5%とする)の適量は【0.1×833×50】÷5=833mlとなり、ビール1本と1/3本程度の量に該当する。

例えば体重60kgの人の場合、ビール(アルコール濃度5%とする)の適量は0.1×833×60)÷5=1000mlになります。
500mlの缶ビール2本ですね。


今回の適量はビールだけで計算してあります。そのあと、焼酎や日本酒をプラスしたら飲みすぎですのでご注意くださいね。

あなたのお酒は適量ですか?それとも・・


しかし、適量はわかってもなかなかそんなわけにはいきませんよね。

では、飲んだお酒は何時間後に分解されるのでしょうか?

それもちゃんとわかるんですよ。
また明日〜〜













プロフィール

習慣化指導士

水越 真代

保健師・看護師・精神保健福祉士・産業カウンセラー・ヘルスファシリテーター

calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

アクセス解析

QLOOKアクセス解析

最近のエントリー

カテゴリ

アーカイブ

コメント

  • 【健康情報】若年認知症8割が失職
    ミズ

ブログ記事検索

その他

モバイル

qrcode