生き活き推進隊養成講座企画勉強会



ダブルヘッダーの一日。
石原医院を終え、ある市の健康生き活き推進隊養成講座開催のためのキックオフミーティングでした。

保健師さん、管理栄養士さん、歯科衛生士さんが集まって、健康生き活き推進隊養成講座をどのように始めていくか、まずは気持ちの共有化です。

3ヶ所に保健センターが分かれていて、一同に集まることもままならない現実のようです。

健康生き活き推進隊養成講座とは、健康を一緒に推進してくださる住民さんを作っていこうという講座です。

保健師さんも経験のあるかたからないかたまで何をしていったらいいのかからどう進めるのかなど課題もさまざまです。

ひとつひとつ共有しながら…。
今の課題は何?
健康生き活き推進隊とは
何からてをつける?
など考えていきました。

やっぱり話すとわかるよねえとか
みんな同じこと考えてたんだ
事務の人も一緒に考えたいよねえ
など話し合いの大事さや一緒に目標を見ていく必要を話してくださいました。

実際の講座は10月からです。
いい講座ができるようしっかり準備を一緒にしていきたいと思います。

 

石原歯科医院クレド研修会

石原歯科医院の研修会もいよいよあと二回になりました。

今回は院長先生からのリクエストでクレドを考えるというテーマでした。

クレドとは、企業理念を実現するために、ミッション、ビジョン、行動指針を考え、それをカードや小冊子にしたものです。

クレドは、
社員がみんなで作ること
浸透させること

この二つがポイントです。

何故クレドを作るのかという質問には、
今みんながそれぞれによい仕事をしようと頑張っていることが、文章にすることで共有化でき一緒に同じ方向に向かえるといってくださいました。

さすが石原歯科のスタッフです。

石原歯科医院は誰のためにどんな価値を提供していきたいですか?

五年後どんな医院になっていたいですか

そのためにはどんな価値観で働いて行ったらいいですか?

という難問を皆さん真剣に考えてくださいました。

石原歯科医院に来ると自信が持てる。笑顔になる
などたくさんの素敵な言葉がでて来ました。

本当にここのスタッフは素敵な方ばかりだなあと改めて感じました。

それにしても、この一年研修をさせていただいて、スタッフの方も随分成長されたなあと感じました。

初回の時に意見を求めて、いただいた意見にどうしてそう思ったのですかともう一歩踏み込んだら…。
院長先生にうちのスタッフはおとなしいのでそこまで突っ込まないでくださいと言われたのですが…。
今日いただいた意見から、ではそうなるとさらにどうなると思いますか?と突っ込んでもちゃんと考えて答えてくださります。
ミーティングの場で、自分の考えを深めるって実はなかなかハードルが高いのですよ。

それをちゃんとできる、一人一人の力もですが、そういう人間関係の場所にもなっている。そんな職場素敵だなあと思いました。


 

石原歯科医院、スタッフ研修大詰め





愛知の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。

昨年度からお邪魔させていただいている、犬山市の石原歯科医院さん スタッフ研修も大詰めです。

昨年たてたプロジェクトも進行管理をしっかりされ、終了プロジェクトごとにビンゴ形式で一覧になっていますが、それもあと数個残すのみです。
スタッフの方の地道な努力と熱意を感じさせていただいています。

さて、今回は母親教室についてです。

歯科医院で母親学級とは珍しいですが、患者さんの声を聴いて、歯科医院でサポートができることがあるはずと
小児歯科担当の先生と、歯科衛生士さんたちは感じています。

そこで、今回は母親教室のターゲットとその課題を整理して、その課題を、オリジナル性(犬山の中でこの課題とターゲットにはほかの支援をしているのか)、ニーズ(対象者の困り具合)、優先度(石原歯科医院でやる意味はある?)の3つの観点から検討しました。

そうすることで、スタッフが思っていた母親教室がだんだん明確化して、どんなお母さんにどんな内容をしていくが
少し絞ることができました。

今回はここまででしたが、そのあとスタッフで検討をして母親教室を考えてくださることともます。

それにしても、スタッフの皆さんは勉強熱心で、ここまでの力がある歯科医院さんて本当に素晴らしいです。

石原先生も教育に力を入れておられますが、それにこたえているスタッフの皆さんの熱心な姿に毎回素晴らしいなあと
思ってます。

次回は7月・・クレドをテーマにみんなで考えます









 

和歌山県特定保健指導指導者研修会




愛知の開業保健師・習慣化指導士 水越真代です

本日は和歌山県主催の特定保健指導指導者研修会。60人近くの保健師、管理栄養士、事務職の方に効果的な保健指導の理論と実際についてお話させていただきました。

参加者は、今年から従事される方、または昨年やってみたけどという方ばかりです

特定保健指導も開始から数年たち、当初からかかわってきた方からそろそろ世代交代の時期というのもあるかもしれません。

まず初めは、自分の保健指導はいくらの値段を付けますか??

公務員やどこかで働いている保健師・管理栄養士さんは自分の保健指導の値段あまり考え方ことがありません

しかし、カウンセリングを受けるためには5000円〜10000円が必要です。弁護士さんはお話をするだけで30分5000円と聞きます。

保健指導をうけるにも健康保険からお金が支払われています。

プロフェッショナルとして自分の保健指導に自信を持つためにも、コスト意識って大事なのではないかと考えています。

担当の県職の栄養士さんも、あの質問は真剣に自分のこと考えさせられたと話されていました。

そんなスタートの後・・

ロールプレイを交えて、明日から使える保健指導のコツをお伝えできたならと思いお話してきました。

最後になかなか人の保健指導の場面を見ることがないと思いましたので、ロールプレイを変更して、デモンストレーションを行いました。

クライアント役になってくださった方ものりのりの55歳メタボの女性になっていただき、和やかな保健指導場面をみなさんに
お見せすることができました。

今回のセミナーが、クライアントのやる気が高まる保健指導のきっかけに一つになったら、とてもうれしいなあと思い和歌山から帰ってきました。

皆さん楽しそうに積極的に取り組んでいただき私もエネルギーもらって帰りました。

メンタルヘルス講演会



愛知の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です

東京の某企業様でメンタルヘルスの講演をさせていただきました。

本社社員、160名と全国支店18か所のビデオ配信という、たくさんの人にむけての講演でした。


テーマは、「良好な人間関係の構築に向けて」〜ストレスに関して自分ごとで考える〜

こちらの企業さんは、毎年様々な研修をされておられ、今回はメンタルヘルスに関して、特に自分ごとで考え、明日から実践できるものを、座学だけでなくいかに生かせるかを考えていきたいといわれておられました。

ですので、講演も一歩的にお話を聞くだけでなく、参加型で自分のことを考える質問をとのこと

大勢の方で心配しましたが、社員全員、積極的にワークにも参加していただきとても、講師である私をのせていただけたなあと感じました

終了後、担当保健師さんからも、うちの社員さんこんなにしゃべるんだ〜〜うちの社員さん本当にすごいですよね
といってくださり、保健師さんが社員さんの素晴らしさを改めて口にされる姿を見て私自身本当にうれしかったです。


保健師さんのコメント

従業員のアンケートからもその反響の大きさが伺えました。
理解度89% 参考度88% 実践度77%と 理解度、参考度は9割近くが理解でき参考にしたいと回答し、8割もの方が、実践してみたいと回答してくれました!

感想を記入してくださった方も、105件あり、そのうち77件は先生宛でもありましたので、資料として添付いたします。
どれも、参考になったというポジティブな意見でした。
ちなみに、辛口コメント等は、一切ありませんでした。
やはり、昨日講演会終了後の意欲的な会場の雰囲気が、受講者の気持ちを物語っていたように思います。
本当にありがとうございました。


今回は、先日習得してきたアンガーマネジメントの考え方も取り入れてより実践的な内容を意識しました。
その部分への感想もかなり多く、より日々の生活に落とし込めるお話が求められているのだなあと再認識しました。
また、この講演をこんな風に生かしてはというご意見もあり、社員さんの力を発揮できる職場づくりをいかにするかも企業にとって大事な視点なのだろうなと感じました。



アンケート抜粋
・人によっては深刻で、難しい議題でしたが、非常に会話、構成、進め方が上手く、あっという間の1時間半でした。
は健康に対する考え方、意識が非常に高く、良い会社に巡り会えたなと、改めて感じます。
全ては自分の受け止め方次第ですので、これからもストレスや怒りと上手く付き合いたいと思います。お疲れ様でした!

・単に講演だけでなく、身近な例で考えさせられたので理解しやすかった。また、普段考えていないことがあり
講演時間が比較的短く感じた。


・自分は日常ストレスを感じていないと思っていましたが、先生の講演を聞いていて、少なからずストレスを感じているんだと思いました。また、ストレスの種類も色々な種類があり、ストレスはその種類によって感じ方も違うと実感しました。
ストレスが起こる原因、それを回避する手段、イライラの治め方など、その根本を理解していれば、ストレスを最小限に治めることが出来て、周りにもそして自分自身にもやさしくて円滑な人間関係を築けるのだと思いました。
知っておくといざという時に役立つ内容盛りだくさん、今後実践したいことばかりで楽しかったです。
ありがとうございました。

・日頃の業務において「怒る」ことについてあまり意識していませんでしたが、改めて意識する事の必要性を理解しました。今後は「6秒・境界「べき」・コントロール」を意識し「イライラをしない・させない」を心掛けたいと思います。講演有難う御座いました。

・今回の様に専門家に説明をして頂くと内容が分かり易く受け入れ易いと思いました。
講演会を聞くだけで無くて同じ内容で各職場(課単位もしくはSEC単位)でグループ討議(FTみたいに)をしたらもっと効果があるのではないでしょか?



場のセッティング、ネット配信の準備、企画の打ち合わせなど人事、総務の方々のチームワークの良さを目の当たりにさせていただき、いい会社にしていこうという思いをとても感じさせていただけた会社様でした。

スタッフの方はじめ参加してくださった皆さんの反応に、お話をさせていただいた私自身、「また仕事がんばろう!!」ってエネルギーをいただきました。本当にありがとうございました。






 


プロフィール

習慣化指導士

水越 真代

保健師・看護師・精神保健福祉士・産業カウンセラー・ヘルスファシリテーター

calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

アクセス解析

QLOOKアクセス解析

最近のエントリー

カテゴリ

アーカイブ

コメント

  • 【健康情報】若年認知症8割が失職
    ミズ

ブログ記事検索

その他

モバイル

qrcode