【健康情報】ダイエットで減った脂肪はどこへいくの?

                  

愛知県 開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。



ダイエット=体脂肪を減らすことが大切であって、体重が減ればいいというわけではないですよね。
この「減らしたはずの体脂肪はいったいどこにいくの?」という質問に正しく答えることができますか?

この答えを、ニューサウスウェールズ大学(University of New South Wales)のアンドリュー・ブラウン教授と、ABCテレビの科学番組などで活躍の物理学者ルーベン・メアーマン氏が、世界五大医学雑誌の1つ、イギリス医師会雑誌(British Medical Journal)に報告しました。

私たちの脂肪細胞には中性脂肪が蓄えられていて、減量で体脂肪を減らすということは、この脂肪細胞に貯蔵された中性脂肪を代謝すればいいということです。この中性脂肪は食事中の過剰な炭水化物やタンパク質で、炭素、酸素および水素からなっていて、代謝すれば老廃物である水と二酸化炭素になるというのが、生理学的な考えかたです。失われた脂肪の84%は息によって、16%が尿、汗、涙、または他の体液などを経由して排出される仕組みなので、「減らした体脂肪はいったいどこに行くのか?」の正しい答えは、脂肪燃焼はエネルギーの放出ではなく、呼気として排出されている。ということになります。

では、より多く呼吸をすれば、体重は減少するのでしょうか? もちろん、答えはノーです。
必要以上の呼吸は、過呼吸を引き起こし、めまい、動悸、意識の損失を失う可能性もあります。やはり鍵は運動のようです。運動中は体内の多くの二酸化炭素を取り除く必要があるため、自然に呼吸が速くなります。

運動によるダイエットの効果が目に見えて出てくるのは開始から2〜3カ月後といわれる通り、体を動かすことで排出される二酸化炭素の量は限られているので、日々の積み重ねが大切だということ、初めの基礎代謝率の向上がダイエットの鍵となり、続けられる習慣づけの工夫がやはり必要になってきますね。

 

 


【健康情報】 脱メタボ合宿 国が後押し

                                                                                  

                   
















愛知の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。


糖尿病や高血圧、脂質代謝異常症など生活習慣病を防ぐため、旅館やホテルに泊まりながら、専門化の集中指導を受ける「脱メタボ」合宿に、厚生労働省が取組む。普段余裕がなくても、旅先で気分転換しながら生活を見直すきっかけを作る。

プログラムは今年度中に検討し、来春モデル事業を始める。このため厚労省は2015年度の政府予算に4億円を概算要求した。国民健康保険組合や健康保険組合など8つほどを選び、費用を補助する。1事業につき参加者は数十〜100人程度になる見通し。 

対象は生活習慣病の引き金となるメタボリックシンドロームと診断された人ら。3〜6日程度の合宿で医師、保健師、管理栄養士、健康運動指導士、理学療法士らに食事のとり方や運動の仕方など、専門的な保健指導を受ける。スポーツや観光なども組み込み、参加者のやる気を引き出すことが目的の一つ。

ビーチヨガや自然体験プログラム、海岸ウオーキング、山の散策、沖縄の伝統野菜の食事など計画中とのこと。
仕事から離れ異空間にいると、日常を振り返る時間になることでしょう。

厚労省も「日常生活に戻っても指導した内容を続けてもらえるようにしたい」という考えのようですが、確かに異空間で時間に余裕のある時の取り組みは可能でも、日常に戻った時に取り組めるか?日々の生活の中で実践していけるかが、生活習慣病対策には大きなポイントになってきます。

合宿でしっかりきっかけを作りをして、その後、参加者のメンバーがネット上で交流し我々が取組みをサポートし継続していただける習慣化プログラム=Being!による習慣化支援は合宿後の習慣定着にお役に立てるような気がしています。







 

【健康情報】冬こそダイエット効果を実感できる時期



愛知の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です

さて寒い日が続きますね。寒いと体が縮こまり、家でじっとしてしまいたくなります。

暖かいものを食べて、食べて・・体が冬眠状態で動く量が減って太るのよ~という方もおられるかと思います。


実は寒い時こそダイエット効果を実感できる時期という記事がありました。


寒っ」と身震い、メタボ予防に効果? 米チーム実験
「寒っ」と身震いすると、運動した後と同じホルモンが出て、運動した時のようにカロリーを消費する効果があるようだ。米国立保健研究所(NIH)の研究チームが健康な男女による実験で確認し、4日付の米科学誌セルメタボリズムに発表した。 運動すると、「イリシン」と呼ばれるホルモンが出る。余分なエネルギーを皮下脂肪としてため込む細胞に働きかけ、脂肪を燃焼して熱を生み出す細胞に変える。 研究チームは、健康な男女10人について、室温を27度から徐々に12度に下げたり、自転車こぎなどの運動をしてもらったりして、体の変化を調べた。 27度の時に比べ、身震いの回数が12度では平均約2倍に増えた。比例してイリシンの分泌量も増え、身震いが3倍になった人は分泌量が6倍になった。自転車こぎを1時間続けた時のイリシン増加量は多くの人が5倍以下で、寒さに身震いするのと大差なかった。 カロリー消費量も室温が低くなるにつれて増加した。何もしない状態でみた1日当たりの平均消費量は、27度では約1500キロカロリーで、12度では約2240キロカロリーに増えた。この差の740キロカロリーをジョギングで消費するには、標準体重の日本人女性なら1時間半ほど走らなければならない。 研究チームは「暖房温度を下げれば、燃料費を節約できるだけでなく、メタボ予防の効果もあるかもしれない」としている。朝日新聞から


ヒトなどの哺乳類には白色脂肪と褐色脂肪という2種類の脂肪があるのです。
白色脂肪の役割は、エネルギーの貯蔵。 カロリーが不足するときに備えて余分なカロリーを蓄えておきます。
一方、褐色脂肪の役割は、脂肪と糖を燃焼させて熱を作り出すことです。 新生児や冬眠中の哺乳類は震えることで熱を作り出せないので、核心温度(体の中心部の体温)を維持するために褐色脂肪で熱を作り出しています。
つまり寒いと褐色脂肪がよく働くというわけなんですね。

ぬくぬくとしたところで過ごしているみなさん、少し寒いところで積極的に動くことでダイエット効果が抜群ですよ。

たとえば、窓を開けた部屋の掃除をしたり、思い切ってウォーキングをしたら、体を動かしスッキリし、気分もよくなるってなったら一石二鳥ですね。

そう考えたら寒い冬も見方が変わりますね。


 


【健康情報】トップバリューのお弁当はなかなかいいぞ






愛知の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。

健康相談をしていると、なかなか自分で食事を作ることが難しい人たちが大勢おられます。

その方たちは、コンビニやスーパーのお弁当、お総菜を買って済ませることも多く、中食、外食を抜きにしては現代人の健康を語ることはできない時代になりました。

NHKのごちそうさんをみていると、おかあさんがああやってしっかり食事を作っていた時代もあったのに・・
私自身も仕事に追われ、手を抜いていることも多く、食事が餌になっているなあと感じるときがあります。

うちからは生活圏にイオンがないのであまりイオン系のスーパーに行くことは少ないのですが、先日マックスバリューに行ったときに見つけた商品です。

下の3つは冷凍のおかずパック。
実はワントレイで食事がそろった冷凍食品ってスーパーにはなかったんですよね。
これを冷凍庫に入れておいて、夜遅くなったときの食事に応用するっていうのは、一人暮らしや単身赴任の方にはいいんじゃないかと思います。

いままでは、こういうの宅配弁当にしかなかったので、スーパーで買えるといいですね。
まだ3種類ぐらいですが・・さらに種類が増えるといいなあ〜

また、惣菜のお弁当一覧をのぞいたところ・・


ミニストップ×女子栄養大学 第1弾「トップバリュ 彩り野菜弁当(黒酢唐揚げ)」を発売! 〜【女子栄養大学監修】栄養バランスを考慮したお弁当〜

とか全体的にバランスを考えたお弁当が並んでいます。(ミニストップはイオン系だったんだ!)

ちなみにセブンプレミアムのお弁当と比べてみると・・
トップバリューのほうが全体的に健康志向かな・・お値段も手ごろだし・・

コンビニ弁当を食べるなら、イオン・ミニストップのお弁当、要チェックですね。

 

【健康情報】メタボ通信講座

 

愛知の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。

愛知県の蒲郡市がメタボの通信講座を始めるそうです。

住民に占めるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の割合が県内で最も高いとされる蒲郡市が、対策に乗り出した。インターネットを使って糖尿病予防の知識を学べる通信講座を無料で開く。仕事に忙しい若い世代らに受講を呼びかけている。

 市健康推進課によると、2011年度に特定健診を受けた蒲郡市民のうち、メタボに該当すると診断された人は24・7%で県内ワースト。にもかかわらず、特定保健指導を終了した人の割合は4・8%で、県内最下位だったという。

 このため市はメタボ予防を今年度の重点施策とし、6月に「市健康大学糖尿病予防学部」と称する講座を開設。市民52人が市保健センターで、講義などをしている。

 今回、新たに取り組むのは、ネット上の映像授業で学んでもらう同大学の「通信コース」だ。授業は「食事編」や「運動編」などがあり、それぞれ小テストもある。メールで個別の相談にも応じる。開講期間は10〜12月を予定している。

8月30日 朝日新聞朝刊


なるほど、市町村でもネットを使い講座を始める時代になったようです。

保健センターで昼間の講座、夜の講座をしても、働く世代に来ていただくのは難しいのが現状です。ネットならもう少し大勢の方に取り組んでいただくことができる可能性が広がります。


それなら・・・
専用SNS,Habi+Doを使った、グループで、楽しみながら、競い合い、学びあえる琴が特徴の習慣化プログラムを使ってみてはいかがでしょうか!

ご興味がおありの自治体様、ぜひお声かけください。






プロフィール

習慣化指導士

水越 真代

保健師・看護師・精神保健福祉士・産業カウンセラー・ヘルスファシリテーター

calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

アクセス解析

QLOOKアクセス解析

最近のエントリー

カテゴリ

アーカイブ

コメント

  • 【健康情報】若年認知症8割が失職
    ミズ

ブログ記事検索

その他

モバイル

qrcode