ODNJ年次大会2019〜産業保健×組織開発〜

 

 

 

愛知の健康経営アドバイザー・開業保健師 水越真代です

 

3年ほど前から組織開発を学んでいます。

動機は、メンタル不調者に接する中で、職場風土にかかわりたいと思ったことからでした。

 

今年私の課題は、「産業保健と組織開発の架け橋を作りたい」でした。

そんな思いを持って、中部支部が主催したODNJ年次大会のスタッフとてお手伝いをさせていただきました。

その準備の中でも、スタッフの思いを大事にしながら、やりたいこと、やるべきことを考える

企画会議は、学ぶべきこと、学びがとてもたくさんありました。

そして、スタッフ、参加者それぞれが、自分の意見をたくさん伝え合い、また楽しい大会は

今ここにいる感覚を持てる大会だったなあと振り返っています。

 

その中でわたしが一番うれしかったのは・・・

 

ある企業の開発部長さんが発表された

「現場と産業保健師の協力による職場改善の試み」 でした。

 

 

保健師の存在を知らなかった部長さんが、保健師からの職場フィードバックをきっかけに

二人三脚で行った職場改善の取り組み実際を話してくださいました。

業績は高い開発部だったのですが、メンタル不調者がつづき、ぎすぎすした職場を

職場風土の改善の試みをあの手この手でくりだし、不調者ゼロへ

またさらに生産性の高い職場へとマネジメントしていくお話でした。

 

その中で、保健師に話をするのが当たり前、職場に保健師の席を作り、「今日はいないの?」といわれるまでにされたそうです。

 

部長さんがマネジメントをするときに保健師の存在はなくてはならない。その力は十分にあると言ってくださったのには、うかがっていて胸が熱くなってきました。

 

従来の産業保健を期待する、人事や産業医の中の難しさもあわせて語ってくれました。

 

とても優秀な保健師さんだと思うのですが、一事業所の事例ではなく、もっと広げていくことができるとお話しくださり、そういう時代が作っていきたいと心の底から思いました。

 

その後の対話セッションで「組織開発と産業保健」というテーマで10名以上が集まってくださり興味を持ってくださる方がこんなにもいたのかと!!

その中におあられたのが産業医大の柴田先生、産業保健×組織開発の研究会を立ち上げると話されていました。

 

新たな一歩が始まります!!

 

私もその末席にいたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


28回健康学習学会2019

 

 

 

 

 

愛知の健康経営エキスパートアドバイザー 開業保健師、水越真代です

 

今年も健康学習学会に参加してきました。

この学会も28回。そのうち娘の出産でお休みした1年を除き27回の参加です。

今では、娘も参加させていただいています。

 

今年のテーマは、「日本的なるウェルビーイングとは何か?」〜人生100年時代の健康づくり〜

 

健康は病気をよくするから予防する。そして「よりよく生きる」へ時代は変わっています。

ウェルビーイングも健康分野だけでなく、さまざまな分野にも広がっていく気配です。

 

さて今年担当させていただいたセッションは、

「人生100年時代のはたらき方を考える」〜ワクワクする道の選び方〜

 

植村 瑠美 (健康支援BonAppetit)
水越 真代 (シャイニングライフ/ヘルシーBox)
鵜澤 真由美 (可能性開発中)
佐藤 弘行 (日立ビルシステム)

 

と組織から飛び出した3名と、もうすぐ卒業の1名の4人で担当させていただきました。

 

これまでの仕事への向き合い方、今の気持ち、そしてこれから

を自分の意見を言いながら、さらにお互いの意見を聞きながら2時間

じっくり考えました。

 

私自身も感じることの多い時間になりました。
忙しい毎日を過ごしているとそういった時間を持つことが少なくなってしまいます。

 

じっくり向き合うと・・人って元気になるのですよね。

参加者の人のこの表情からもエネルギーが伝わってきます。

 

今回は大阪の歯科医兼写真家 淺田先生に写真を撮っていただきました!

なんだかちょっと恥ずかしいような照れるような・・・

淺田先生ありがとうございました〜

 

https://www.facebook.com/joyful.photo/?eid=ARBjcq_-ZaXwPsv5pvrjptuVMBVOjqcO2DFV-m8fo5SOtBUmfpT9scDVHPL3_oiwQ1RGH6VnKmgIPbL3&timeline_context_item_type=intro_card_work&timeline_context_item_source=100000021759951

 

 

 


メディアミックスを体感。〜ラジオ局に見学に行きました





愛知の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。

昨日は、名古屋市東区にあるMID−FM761へ見学に行ってきました。

春日井市にあるエム・ワイ・エムコーポレーションの二村さんにお誘いいただいて、総勢5名で
行きました。
税理士さん、経営コンサルタント・社労士さん、ウェブ関係の方とみなさん技ありの方ばかり。

エム・ワイ・エムコーポレーションさんが、今後ラジオ番組を持とうかと考えておられてその下見かたがた
みなさんで見学ということになったそうです。

そうやって認知を上げ、ブランディングして・・仕事を広げていく・・
私など聞く話聞く話、へ〜ふ〜んと感心することばかり。
こちらのFMでは、リビング新聞やCheekなどの出版関係もされていて、ラジオに出演されている方が出版物にコラムを書いたりなどこれぞメディアミックスです。

真ん中に立っておられるのは、日本で唯一のチベット寺院の副住職のかたがラジオ放送をされておられました。
それがまたプロかとおもうような、お声と進行具合。
守山にある寺院ですが最近注目度アップ中で、先日もハリセンボンさんが番組の取材で来られたとのこと。
わたしもよく通る道にあるので知っていはいたのですが、一度も伺ったことはありません。しかし最近カフェもできて、メディアにもちょくちょく取り上げられていて一度行ってみたいなと思っていました。
こうやってラジオにも出て認知が上がっていくんでしょうねえ・・


健康づくりも対面指導やチラシ配布だけではなく、こういった手法も上手に使って広めていく方法を取り入れていけるといいなあと思いました。

ビジネス業界から学ぶこと多いですね。

 

習慣化プログラム=Begin!の説明会を開催しました



愛知の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。

20日に、習慣化プログラム=Begin!の1か月無料体験説明会を開催いたしました。

参加者は8名。

私にとっては、はじめての一般の方向けの説明会と無料体験会でした。

説明と皆さんの一か月間の体験のための行動について考えていただきました。

アイスブレイクを入れながら、自分のやりたいことを考えながら、これから一か月取り組みたいことを
大まかに決めていただきました。

参加してくださった方は、「早くやりたくなった」「楽しみ」と言ってくださり開始が楽しみです。

当日、お仕事の都合でご参加いただけなかった方もおられ、その方々もご参加いただきながら、開始していきます。


こうやって体験をしていただき、知っていただきながらお仕事につながる道を探していきたいとおもいます。




 

厚生労働大臣賞の受賞報告会に行ってきました





愛知の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。

本日は、Be&Do社さまが、専用SNSを使用した習慣化プラットホームシステム Habi+do!が厚生労働大臣賞をいただいたその報告会が行われました。


習慣化・オンライントレーニング・マネジメントツールとして最適。楽しみながら良い行動を習慣化し、
目標達成を目指す仕組みがギュッと詰まったクラウドサービスで、当初は働く人がいきいきとなるという切り口で健康づくりのみの展開を考えておられましたが、現在は様々な企業で、新人管理職研修のフォロー、新入社員研修のフォロー、目標管理システムとして、英語学習として、など様々な場面で利用されておられるようです。

私は、このシステムを使って、多くの指導経験をもとにオリジナルプログラムを載せた、習慣化プログラム=Begin!として展開をしていきます。

年が明けて1月20日(月)18時30分よりウィンクあいちで、ご紹介と1か月無料体験説明会を行います。
ご興味のある方ぜひお問い合わせください。



 


プロフィール

習慣化指導士

水越 真代

保健師・看護師・精神保健福祉士・産業カウンセラー・ヘルスファシリテーター

calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

アクセス解析

QLOOKアクセス解析

最近のエントリー

カテゴリ

アーカイブ

コメント

  • 【健康情報】若年認知症8割が失職
    ミズ

ブログ記事検索

その他

モバイル

qrcode